女優・水田芙美子
(一時期の芸名・水月蓉)さんをずっとずっと応援するブログです。
このブログはファンサイト『水田芙美子は海が好き!』のコンテンツの1つです。
blog since 2005/11/24



本人の公式ブログ(ココログ)が開きます
フィラー(w3xh3)透過色
本人の写真ギャラリーが開きます
サイト総合メニュー

kk

サイトTOPへ移動します
▲サイトTOPへ
BBSへ移動します
▲BBS(掲示板)へ

どんな人?プロフィール
予定表年表仕事一覧
イラスト1イラスト2
写真酔芙蓉ヒント
SGデータリンク集
足あとご意見箱
-------------
ブログTOPへ戻る
ブログ過去記事一覧

※ブログ記事募集中!! 詳しくはブログ寄稿のお誘いをご覧ください。
※当ページの使用画像は許諾を得ています(撮影:小山淳)。ページ下端の注意書きをご覧ください。
★当サイトの広告(携帯画面の出会い系を含む)はFC2運営者が表示しています。
※ご意見・苦情等はこちらへ
 kksmemo-at-gmail.com
(「-at-」は「@」です)
管理人kkについて
ブログ管理ページ



★T・M・Lab★
水田さん所属事務所の公式サイト

デジタルフォトファクトリーのブログが開きます
フィラー(w3xh3)透過色
アマゾンの購入ページが開きます
フィラー(w3xh3)透過色
フィラー(w3xh3)透過色
フィラー(w3xh3)透過色
葦野さんのファンブログ『水魂贔屓』が開きます
フィラー(w3xh3)透過色
当サイトのTOPページへ移動します
BBS出張コーナー

このコーナーから表示されるBBSページは簡易表示版です。BBS本館はこちらです(^_^)

過去記事一覧

過去の全記事を一覧表示

ブログ内検索

最近の記事

過去記事一覧はこちら

リンク

【リンク集】のページはこちら

このブログをリンクへ追加

最近のトラックバック

最近のコメント

2006/3/11以後の記事については、掲示板の専用スレにもコメントがあります。

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

[--/--/--]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------
◇当サイトにはBBS(掲示板)があるため、ブログのコメント欄は目立ちません。コメントは、お気軽にBBSへもどうぞ(^_^)。適当なスレがなければ、スレを作って書き込んでください(必要なら最適スレへ移動します)

--/--/--(--) | スポンサー広告 | 固定リンク
[2008/09/25]
水月さんがサントリー「ボス」CMに水着アイドル役で出演中
バンダイCM、『ビジネスアスキー』誌タイアップ記事など、出演情報がにぎやかになりつつある水月蓉さんですが、昨日(2008/9/24)、新たなCM出演が判明しました。サントリーの缶コーヒーブランド「ボス(BOSS)」の1タイプである「ボス 贅沢微糖~いいとこドリップ」のCM。タイトルは「贅沢取調べ」篇となっていて、「15秒 カツ丼篇」「15秒 デヴィ夫人篇」「30秒」の3パターンがあります。

「贅沢微糖」新バージョンの発売日(2008/9/16)付近から放映が始まったと思われますが、残念ながら今のところ放映局・期間・時間帯といった情報がありません。幸い、「ボス」公式サイトTHE CM PRESSでもそこそこの画質で配信されていて、内容を確認できます。

水月さんは10人いる水着姿のグラビアアイドル役の1人で、好位置をキープ(水月さんはどこ?と思われた方はこちら)。セリフはもらえませんでしたが、セリフのある山崎真実さんはじめ純正グラビアアイドルの皆さんと比べても、まったく引けをとらない魅力と存在感を発揮していると感じました。

警察の取調室になぜグラビアアイドルが!?というナゾについてはぜひ本編で(^_^)。バンダイ、サントリーとくれば次が楽しみですし、近い将来、単独あるいはメインでのCM出演もこなしてくれることでしょう。(このCMの関連情報についてはこちらで随時更新します)

【短信】 昨日発売の『月刊ビジネスアスキー』11月号P.54~55「ビジネス改革最前線」(NTTコミュニケーションズのタイアップ記事)に、水月さんが清楚なイメージキャラクターとして登場しています。左右両ページに写真が1点ずつ。フルネームが写真の吹き出しなど2箇所に出ているのも嬉しいです。(関連情報をこちらで随時更新します)
------
◇当サイトにはBBS(掲示板)があるため、ブログのコメント欄は目立ちません。コメントは、お気軽にBBSへもどうぞ(^_^)。適当なスレがなければ、スレを作って書き込んでください(必要なら最適スレへ移動します)

2008/09/25(木) | 【水田芙美子】 | 固定リンク | TB(2) | コメント(0)
[2008/09/23]
事務所の公式サイトがリニューアル、水月さんナンバーツーに
水月蓉さんの所属事務所「オフィスパレット」の公式サイトが本日(2008/9/23)、リニューアルオープンしました。アーティスト一覧のページの序列から判断して、水月さんは田中美保さんに次ぐナンバーツーの扱いになったとみられます。同時に、メインの男性俳優4人(浦井健治・渋江譲二・佐々木崇雄・佐藤晴彦)が2008/6/1付で提携会社・キャンディッドへ移籍したことも発表されました。オフィスパレットは今後、女性・子役タレント専門という位置づけになるようです。


   オフィスパレット公式サイト080923プロフィール
   水月さんのプロフィールページ。写真が差し換わったほか、
   過去の主要な経歴も新たに掲載された



水月さんのプロフィールページを見ると、水月さんの写真が従来よりさらに親しみやすく和やかな表情のものに変わりました。過去の出演作でのやや強持てのイメージを完全に払拭し、より幅広い役柄にも対応できることをアピールする意図がありそうです。一方、プロフィールには『スウィングガールズ』『野ブタ。をプロデュース』など、水田芙美子時代の主な出演歴が新たに掲載されています。過去の実績は実績としてきちんと示していくという趣旨なのでしょう。

これで、オフィスパレットでの「試用期間」が過ぎ、名実ともにオフィスパレットの主力タレントの1人になったといえそうです。仕事のほうも、既報のバンダイ「ビームサーベル」CM・PVや『ビジネスアスキー』『週刊アスキー』への登場はもちろん、近いうちにいくつかの仕事が発表される模様です。これからの水月さんの活躍から目が離せません。
------
◇当サイトにはBBS(掲示板)があるため、ブログのコメント欄は目立ちません。コメントは、お気軽にBBSへもどうぞ(^_^)。適当なスレがなければ、スレを作って書き込んでください(必要なら最適スレへ移動します)

2008/09/23(火) | 【水田芙美子】 | 固定リンク | TB(0) | コメント(0)
[2008/09/06]
水月蓉モードいよいよ始動!-バンダイ「ビームサーベル」CMに登場
2008年6月の改名後、水月蓉さんに1つならず仕事が入っていたことは、ご本人のブログから推察できました。残念ながら仕事の内容はずっと不明だったのですが…。昨日(2008年9月5日[金])になってバンダイのテレビCMへの出演が明らかになり、同時に、インターネット上でCMとミニドラマPVがすでに公開されていることも判明。水月蓉さんとしての公式の活躍がいよいよスタートを切った形です。


  バンダイ『機動戦士ガンダム ビームサーベル』TV CM
  2008年10月5日[日]~(毎週日曜17:00~)
      TVアニメ『機動戦士ガンダムOO[ダブルオー]』(セカンドシーズン、
      MBS・TBS系全国ネット)にて、2クールにわたりオンエア予定
  ※インターネット(たとえばこちら)で先行公開中(3パターン)
  ※ミニドラマPV(Vol.0~3)をインターネット配信および店頭デモで順次公開
      Vol.0:9/2[火]から公開中/Vol.1:9/8[月]公開予定
      Vol.2:9/16[火]公開予定/Vol.3:9/22[月]公開予定
  ※ビームサーベル紹介ページはこちら
  ※詳細情報は当サイトの予定表のこちらなど


水月さんは「サーベルお姉さん」という名(?)で、同僚の「あべ」から想いを寄せられるOL役。戦闘モードでいきなり態度豹変して「あべ」や「部長」を翻弄する役どころを頑張って演じていました。今さらですけど、やはり美人。「ビームサーベルCM_1」の開始早々、アップで振り返るカットは何度見てもドキドキします。久しぶりの演技だったせいか、『長い長い殺人』『be set free』などに比べてちょっぴり硬くなっている?と感じるシーン(ミニドラマPV Vol.0の「シナリオモード」)もありましたが、このあと演技の機会が続けば、自然と肩の力も抜けてくるでしょう。

発表待ちの仕事もまだありそうですし、このあと新しい仕事も入るでしょうから、水月さんが近々どういう活躍を見せてくれるか楽しみです。現在の所属事務所・オフィスパレットの公式サイトは迅速な情報提供を期待できそう。もちろん当サイトでも、なるべく小まめに情報を更新・整理していきたいと思います。
------
◇当サイトにはBBS(掲示板)があるため、ブログのコメント欄は目立ちません。コメントは、お気軽にBBSへもどうぞ(^_^)。適当なスレがなければ、スレを作って書き込んでください(必要なら最適スレへ移動します)

2008/09/06(土) | 【水田芙美子】 | 固定リンク | TB(1) | コメント(0)
[2008/07/26]
アメブロに水月蓉オフィシャルブログ「aqua room」が誕生
水田芙美子改め水月蓉さんのブログといえば、「Fumi-log」(2005年4月8日公開)に始まり「芙響和音」「酔芙蓉」と変遷するココログ系、そして、2007年の七夕に「water~くだらなくてすてきな日々」として開設されたアメブロ系があります(短期の日記として2005年12月9日から翌1月13日まで「タレメ.net」に掲載された「タレント・フォト日記」もありましたが、公開が終了しています)。

アメブロ系はこの3カ月ほど休止中でしたが、7月24日に後継ブログ「水月蓉オフィシャルブログ~aqua room」が誕生しました。酔芙蓉には付いていない「オフィシャル」という言葉がaqua roomには付いていることから、今後はaqua roomが「公式ブログ」の扱いになりそうです。なお、waterはいつまで公開されているか分かりませんので、保存される方はお早目がよろしいかと。 waterの公開は2008年7月28日までに終了しました(2008/7/28訂正)。


   「aqua room」イメージ
   aqua roomは、酔芙蓉とはまた違った爽やかなデザイン


文芸や音楽などディープな話題も多いココログ系との差別化で、アメブロ系のほうは、より幅広いファンとの気軽な交流を目指しているように見えます。とはいえ、水月さんは領域や制約にとらわれず、書きたいことを自由に書くのが身上という人。これまでどおり使い分けをあまり意識することなく、雰囲気の違う2つのブログを行き来しながら楽しく書いていくのかもしれません。2つのブログの今後の展開を見守っていきたいと思います。

P.S. 葦野さんの応援ブログ「水族感」では、ブログのタイトル名にこだわった分析記事が読めます。
------
◇当サイトにはBBS(掲示板)があるため、ブログのコメント欄は目立ちません。コメントは、お気軽にBBSへもどうぞ(^_^)。適当なスレがなければ、スレを作って書き込んでください(必要なら最適スレへ移動します)

2008/07/26(土) | 【水田芙美子】 | 固定リンク | TB(2) | コメント(0)
[2008/07/19]
水月さん、23歳の誕生日おめでとう(^_^)
新しい事務所で新しいスタート。
その直後の誕生日。
めでたさもひとしおですね。

女優も物書きも写真家も音楽家も、
おばさんになってもおばあさんになっても
続けられる息の長い仕事なのだから、
23歳はまだまだ駆け出しの時期。

じっくり仕事を積み重ねて、
経験値を上げていけばいいと思います。

いい1年になることを心から祈っています。
身体に気をつけて頑張ってね。
------
◇当サイトにはBBS(掲示板)があるため、ブログのコメント欄は目立ちません。コメントは、お気軽にBBSへもどうぞ(^_^)。適当なスレがなければ、スレを作って書き込んでください(必要なら最適スレへ移動します)

2008/07/19(土) | 【水田芙美子】 | 固定リンク | TB(1) | コメント(0)
[2008/06/29]
水月さんが「オフィスパレット」のサイトに登場
2008年6月27日、芸能プロダクション「オフィスパレット」の公式サイトに水田芙美子改め水月蓉さんが登場し、同事務所に所属したことが明らかになりました。


   オフィスパレット公式サイト:トップ オフィスパレット公式サイト:タレントリスト
   オフィスパレット公式サイト。トップページ(左)には水月さん関連の告知などは
   載っていない。所属タレントリストのページ(右)で、下欄左端に追加された
   水月さんの写真をクリックすると、水月さんのプロフィールページに移動する



プロフィールページを見ると、水月さんの写真および簡単なプロフィールが記載されています。写真は、すでに本人ブログ「酔芙蓉」などに掲載されている写真と同系列の清楚・可憐な雰囲気。従来のイメージをいったんリセットして、より幅広い視聴者層にアピールしたい、という事務所の狙いを感じます。また、過去の仕事が載っていないことも、おそらく意図的なのでしょう。これまでの出演作品や役柄の傾向にとらわれず、白紙の状態で、より幅広い仕事にチャレンジしてもらいたいという気持ちの表れかと。

オフィスパレット所属の女性タレントさんたちの中では、主に女性誌や広告のモデルとして活躍する田中美保さんがトップの位置にいます。女優がメインという人はいないようで、水月さんがこの分野で活躍することを事務所としても期待し、大切に育てていく意図がありそうです。

オフィスパレットの社長は女性の方で、規模も小さく、アットホームな雰囲気なのではないかと想像。水月さんは自分に合う事務所をいろいろ考えて、よく話を聞いて、この事務所を選んだことでしょう。事務所のしっかりしたバックアップを得てのびのび頑張るであろう水月さんを、これからも見守っていきたいと思います。
------
◇当サイトにはBBS(掲示板)があるため、ブログのコメント欄は目立ちません。コメントは、お気軽にBBSへもどうぞ(^_^)。適当なスレがなければ、スレを作って書き込んでください(必要なら最適スレへ移動します)

2008/06/29(日) | 【水田芙美子】 | 固定リンク | TB(0) | コメント(0)
[2008/06/21]
水月蓉さんと酔芙蓉が新スタート
このところ水面下でいろいろ動きがあるらしい水田芙美子さんですが、2008年6月16日に、ココログの本人ブログ「芙響和音」で新ブログ名と新芸名が明らかになりました。ブログの新しい名称は「酔芙蓉(すいふよう)」、水田さんの新しい芸名は「水月蓉(みつき・よう)」とのこと。そして、6月19日には、酔芙蓉に、水月蓉さんとして初めての書き込みがありました。


   酔芙蓉のページイメージ
   酔芙蓉のページイメージ(実際とは多少異なります)。
   写真も背景パターンも旧・芙響和音より明るい雰囲気に



初記事を読む限り、相変わらずのぶっ飛び調で、久しぶりの書き込みを楽しんでいる様子が伝わってきます。酔芙蓉に載った水月さんの写真は、これまでになくシンプルで清冽な印象。この写真からは、従来のイメージにこだわらずいろいろな可能性にチャレンジしてもらおう…という意気込みを感じました。

タイトルの画像(これのみ先行して6月13日に登場)は、水月さんの記事によれば自分で描いたものだそうですが、これも以前のちょっと重めの画像とはガラリと変わって、軽くて明るい印象。いまの水月さんの心境が現れているのでしょう(絵柄について、かに座さん改め葦野さんの興味深い分析記事をぜひお読みください)。

今後、水月さんがどういう活躍を見せてくれるか、まだまったく分かりませんが、酔芙蓉の明るい雰囲気から期待が膨らむのを抑えられません。これから楽しみに見守っていきたいと思います。
------
◇当サイトにはBBS(掲示板)があるため、ブログのコメント欄は目立ちません。コメントは、お気軽にBBSへもどうぞ(^_^)。適当なスレがなければ、スレを作って書き込んでください(必要なら最適スレへ移動します)

2008/06/21(土) | 【水田芙美子】 | 固定リンク | TB(0) | コメント(0)
[2008/06/06]
水田さんの美しさと好演が光る短編映画『be set free』
火曜日にWOWOWドラマ『長い長い殺人』を六本木の劇場で観て、映画としての出来ばえに感心しましたが、水田さんファンとしては正直物足りない気持ちでした。ブライダルスタッフ役として30秒ほどの出演でしたし、ややぽっちゃり系に映っていて、本来の美形が十分活かされていたとは言えなかったのです(前回記事ではそのあたりオブラートでしたけど、書いちゃいます(^_^;))。


   『be set free』チラシの一部
   『be set free』は上映時間約30分。『東京WEBチャンネル』という作品とペアで
   2008年5月31日~6月6日に都内3カ所で上映。
   (「YOSHIMOTO DIRECTOR'S 100」6月上映作品のチラシより)



昨夜、ほとんど義務感だけで渋谷のヨシモト∞ホールに映画『be set free』を観に行ったのですが、ちょっとびっくり。この映画は吉本興業『YOSHIMOTO DIRECTOR'S 100 ~100人が映画撮りました~』企画の1本として、「次長課長」の河本準一さんがメガホンをとった作品です。まずはストーリーをかいつまんでご紹介(ラストは隠していますが、ネタバレ注意です):

とある小国の市民・マムラ(中井良)は、親の刑期の残りを償うべしとの国家の命令で、ある日突然、幼児を抱いた妻(水田芙美子)と引き離され、〈東洋のアルカトラズ=監獄島〉と呼ばれる問題犯専門の刑務所に収監される。そこは、刑期ごとに色分けされたパンツ以外の着用が認められず、環境も劣悪な番外地だった。年期の入った囚人・リュウ(「次長課長」河本準一/監督兼任)の誘いで何度も脱獄を図るが、裏切り常習のリュウとヒゲの看守長(「野性爆弾」川島邦裕)のおかげで失敗と懲罰の繰り返し。釈放の見通しが立たない夫と数年の間面会を重ね、希望を失って離婚を迫る妻。何も知らず、父親との再会を心待ちにする娘。一度は脱獄を諦めたマムラだったが、妻子への思いもだしがたく、改めてリュウと組んでの脱獄を決意する…。

低予算映画ゆえビジュアルもシナリオもおチープさは隠せず、突っ込みどころ満載。とはいえ、中井さんと河本さんのコミカルな掛け合い、まわりを固める吉本芸人さんたちのパワー、阿呆な脱走作戦、ブラックなオチ…などで、楽しめる作品に仕上がっていました。客席(私以外はカップル3組のみでしたけど)もウケていて、たとえば看守長がときどき「オオッ!?」となる場面は、みんなでクスクス(^_^)


   『be set free』上映後の渋谷「ヨシモト∞ホール」
   上映後の渋谷「ヨシモト∞ホール」外観


肝心の水田さんは、かなりいけてました。マムラの妻で一人娘の母親役。妻も母親も初体験とは思えない自然な演技で、『長い長い殺人』のブライダルスタッフ役より上。冒頭からラストまで、要所要所で9つほどのシーンに登場し、ストーリーの進展とともに変化する態度・心情を上手に表現していました。泣き方も以前より上達してます。堂々の喫煙シーンはファンとして要注目かと。

そして、なんとも美しい…。実際の水田さんは実にほっそりして楚々とした美人なのですが、『長い長い殺人』に限らず映像作品では、多かれ少なかれぽっちゃり系に映ってしまう傾向がありました(水田さんに限ったことではないですが)。でも、この作品に登場する水田さんは、引き締まった容姿そのまま。特に中盤の面会シーンは惚れ惚れです。


   be set freeイメージ


キャストは中井良、河本準一(次長課長)、水田芙美子…ということで三番手(エンドロールは河本さんがラストに回って、二番手の登場)。主演女優として頑張っていて、正直ちょっと見違えてしまいました。かに座さんのご考察によりますとDVDも出そうですが、大きなスクリーンで見る水田さんは格別。東京近郊限定で、しかも残るは平日の今日(金曜)1日のみ…というのが残念ですけど、日中の神保町、または夜の新宿か渋谷へ行ける方は、当サイトの詳細情報欄からリンクをたどって、お出かけになることをオススメします。

Special thanks to khさん!

------
◇当サイトにはBBS(掲示板)があるため、ブログのコメント欄は目立ちません。コメントは、お気軽にBBSへもどうぞ(^_^)。適当なスレがなければ、スレを作って書き込んでください(必要なら最適スレへ移動します)

2008/06/06(金) | 【水田芙美子】 | 固定リンク | TB(0) | コメント(0)
[2008/06/04]
『長い長い殺人』劇場公開-水田さんがブライダルスタッフ役で登場
水田芙美子さん出演の『長い長い殺人』(宮部みゆき原作/麻生学監督2007年作品)が、2008年5月31日から全国3カ所で劇場公開されています。今日(もう昨日ですが)、出先から六本木へ寄って観ることができました(むしろ、まだご覧になった方が少ないであろう『be set free』をレポせねばと思いつつ、理性ではなく本能で行動(^_^;) あちらは最終日の金曜になんとか行きたいです)。


   シネマート六本木080603
   最終回上映後の「シネマート六本木」の外観と一部拡大


この作品、本来はWOWOWドラマの一作として制作されましたが、ひとつの世界観を丁寧に造作した、優れた映画作品と言って差し支えないでしょう。デジタル技術の特長を活かしきったクリアな映像、1カットもゆるがせにしない絵作り。豪華キャストも名ばかりでなく、長塚京三さん、西田尚美さん、酒井美紀さん…などそれぞれに味のある演技でした。原作を読んでいないので忠実度は分かりませんが、よく練られたシナリオで途中の弛みもなく、普段、サスペンスドラマをほとんど観ない私も面白さを堪能。135分の上映時間がアッと言う間に感じられたほどです。

水田さんは、9章構成の6章目「証人の財布」に、ゲスト応接中のブライダルスタッフという役柄で登場。髪をアップにして、制服のスーツ姿が凛々しく決まっています。30秒ほどの登場中はセリフも多かったのですが、滑舌も所作も自然でした。なにより、これだけ上質のドラマ作品できちんとした役割を担えたことは、今後のために確かな経験になったことでしょう。かに座さんご指摘のとおり、エンドロールに(名前だけですけど)しっかり出ていたことはファンとしてうれしい限り(^_^)

宣伝が十分ではないせいか、平日の最終回(午後7時10分スタート)とはいえお客さんは十数人程度で、この映画のクオリティを考えると残念。劇場で見られる貴重な機会ですので、迷っている方はぜひに(^_^)。上映は6月13日(金)まで、シネマート六本木(東京)、心斎橋(大阪)およびシネマスコーレ(名古屋)にて(情報のまとめはこちら)。

【お詫び】 『ホタルノヒカリ』の放映時に、「水田さんがウェディングプランナー役で登場」と掲載しましたが、これは『長い長い殺人』と情報が錯綜したようで、失礼いたしました。
------
◇当サイトにはBBS(掲示板)があるため、ブログのコメント欄は目立ちません。コメントは、お気軽にBBSへもどうぞ(^_^)。適当なスレがなければ、スレを作って書き込んでください(必要なら最適スレへ移動します)

2008/06/04(水) | 【水田芙美子】 | 固定リンク | TB(0) | コメント(0)
[2008/05/19]
水田さんの前途に幸あれと(^_^)
2つの公式ブログのお休み宣言以後、けっこう慌しい動きがあるらしい水田さん界(?)です。公式ブログ『芙響和音』での発表によれば、デビュー以来の芸名(=本名)を変更するようですし、それに伴って『芙響和音』というタイトルも変更になりそう。

そして先日のDENさん情報で、『芙響和音』に見慣れない事務所のバナーが(しかも一番上の位置に)貼られたことが明らかになっています(まだまだ工事中らしく、その後はまた消えていますが)。一方、プラチナムの公式サイトタレント一覧からは、すでに水田さんの名前が消えています(プロフィールページは残っていますが、プラチナムオリジナルの形式ではなくなり、情報も消えています)。以上から考えて、事務所を移籍したことは確実のようです。


   waterのイメージ080522
   お休み中の第2ブログ『water』はどうなる!?


気になるのは、もう1つの公式ブログ『water』(アメブロ)の今後ですね。こちらはプラチナム時代に開設されて、事務所のサイトからしっかりリンクされていることから、事務所直轄という印象でした。プラチナムのブログ一覧ページにはまだ残っているようですが、近々完全閉鎖という可能性も否定できないので、保存されたい方は急がれたほうがよさそうです。それはともあれ…

これまで、水田さんが瞠目すべき容姿や才能に見合うだけの十分な認知を得られていないのは、事務所運に恵まれないことが大きかったかと。プラチナムの場合も移籍当時は営業力に大いに期待しましたが、その後のちょっと寂しい状況を考えると、今回の事務所移籍(?)という結論に納得です。詳しいことはまだ分かりませんが、移籍や改名を機に、水田さんがステージをひとつ駆け上ってくれることを心から願っています。

【追記】 2008/5/30
アメブロは閉鎖かなと思っていたのですが、この記事の投稿後、2回の更新がありました。うーむ、いったいどういう形で落ち着くことになるのやら、しばらく見守っていくしかなさそうです(^_^;)

------
◇当サイトにはBBS(掲示板)があるため、ブログのコメント欄は目立ちません。コメントは、お気軽にBBSへもどうぞ(^_^)。適当なスレがなければ、スレを作って書き込んでください(必要なら最適スレへ移動します)

2008/05/19(月) | 【水田芙美子】 | 固定リンク | TB(0) | コメント(0)
←前ページ(より新しい)へ | ブログTOPページへ戻る | 次ページ(より古い)へ→
■当サイトは、一個人ファンであるkkの責任で運営されています。水田芙美子さん、T・M・Lab、デジタルフォトファクトリ等とは一切関係ありません。ご意見・ご感想・ご批判等は、必ずkk宛メール(アドレスは左サイドバーに記載)にてお願いいたします。
■当サイトに掲載された水田芙美子さんの写真(ボカシ画像含む)は、肖像権・著作権の管理者から正式の掲載許諾を得ています。これらの画像の転載・配布など一切の二次利用は固くお断りいたします。
■当サイトの趣旨に無関係または反する内容、無関係な勧誘・誘導、誹謗・中傷など、管理人kkが運営上支障があると判断したコメントならびにトラックバックは予告なく削除いたします。こういった書き込みに応答・言及したコメントも同様です。
■リンクを歓迎します。リンクされた場合は、事後で構いませんので、管理人までご連絡いただければ幸いです。サイトへのリンクはhttp://kksmemo.web.fc2.com/、ブログへの直リンクはhttp://kksmemo.blog38.fc2.com/までどうぞ。バナーを自由にご利用ください(直リンクはできません)。
水田芙美子は海が好き! バナー大 水田芙美子は海が好き! バナー小
[ログ開始-2005/12/24-以来のサイトアクセス総数]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。