女優・水田芙美子
(一時期の芸名・水月蓉)さんをずっとずっと応援するブログです。
このブログはファンサイト『水田芙美子は海が好き!』のコンテンツの1つです。
blog since 2005/11/24



本人の公式ブログ(ココログ)が開きます
フィラー(w3xh3)透過色
本人の写真ギャラリーが開きます
サイト総合メニュー

kk

サイトTOPへ移動します
▲サイトTOPへ
BBSへ移動します
▲BBS(掲示板)へ

どんな人?プロフィール
予定表年表仕事一覧
イラスト1イラスト2
写真酔芙蓉ヒント
SGデータリンク集
足あとご意見箱
-------------
ブログTOPへ戻る
ブログ過去記事一覧

※ブログ記事募集中!! 詳しくはブログ寄稿のお誘いをご覧ください。
※当ページの使用画像は許諾を得ています(撮影:小山淳)。ページ下端の注意書きをご覧ください。
★当サイトの広告(携帯画面の出会い系を含む)はFC2運営者が表示しています。
※ご意見・苦情等はこちらへ
 kksmemo-at-gmail.com
(「-at-」は「@」です)
管理人kkについて
ブログ管理ページ



★T・M・Lab★
水田さん所属事務所の公式サイト

デジタルフォトファクトリーのブログが開きます
フィラー(w3xh3)透過色
アマゾンの購入ページが開きます
フィラー(w3xh3)透過色
フィラー(w3xh3)透過色
フィラー(w3xh3)透過色
葦野さんのファンブログ『水魂贔屓』が開きます
フィラー(w3xh3)透過色
当サイトのTOPページへ移動します
BBS出張コーナー

このコーナーから表示されるBBSページは簡易表示版です。BBS本館はこちらです(^_^)

過去記事一覧

過去の全記事を一覧表示

ブログ内検索

最近の記事

過去記事一覧はこちら

リンク

【リンク集】のページはこちら

このブログをリンクへ追加

最近のトラックバック

最近のコメント

2006/3/11以後の記事については、掲示板の専用スレにもコメントがあります。

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

≪ 1つ新しい記事へ:★DVD『幽霊ゾンビ』予約開始!-中村知世さんの姉役で登場☆ブログTOPページへ戻る 1つ古い記事へ:★フォト詩集『芙響和音』予約終了-通常版も特典写真1枚付き!☆【7/25写真追加/記事更新】
[--/--/--]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------
◇当サイトにはBBS(掲示板)があるため、ブログのコメント欄は目立ちません。コメントは、お気軽にBBSへもどうぞ(^_^)。適当なスレがなければ、スレを作って書き込んでください(必要なら最適スレへ移動します)

--/--/--(--) | スポンサー広告 | 固定リンク
≪ 1つ新しい記事へ:★DVD『幽霊ゾンビ』予約開始!-中村知世さんの姉役で登場☆ブログTOPページへ戻る 1つ古い記事へ:★フォト詩集『芙響和音』予約終了-通常版も特典写真1枚付き!☆【7/25写真追加/記事更新】
[2007/08/05]
★フォト詩集『芙響和音』は書き下ろしも満載!!-私家版・出典一覧☆
水田芙美子さんのファースト・フォト詩集『芙響和音』(デジタルフォトファクトリー、2007年7月19日発行/23日発売)について、当サイトではこれまで特典の話ばかりで、肝心の書籍の装丁や中身に触れていませんでした。といっても、すでにかに座さんがご自身のブログ『水魂贔屓』(これとかこれとかこれ)や『もん・りいぶる21』(これ)の4本の記事で、鋭い分析や楽しみ方の提案を発表されていて、詩的センスに乏しいkkとしましてはお説拝聴モードで、ほとんど付け加える余地も少ないのですが…。


   フォト詩集『芙響和音』書籍本体イメージ
   正方形で詩集らしい白地主体の上品な装丁。本文はブログを
   イメージしたらしい横組み。掲載写真は、自作および〈モデルと
   しての登場作品〉のいずれも、シックかつアーティスティック。
   本文の刷色が黒ではなくグレーなので(これもブログに由来?)、
   写真が重くなりすぎず粋な誌面に仕上がっていて、手にした
   最初から好印象でした



本書でひとつ残念だったのは、出典一覧が付いていなかったことです。通販サイトの説明によりますと、詩・写真とも、公式ブログや公式ギャラリーに発表した作品を中心に、本書オリジナルの作品も追加とのことですが、公式ブログ(芙響和音)の掲載作品とオリジナル作品の割合はどのくらいなのかな?…と。

幸いにも公式ブログのほうの芙響和音はまるごとダウンロードすることが可能なので、個人的に全部のテキストを調べて、私家版の出典一覧を作ってみました。ブログ記事に表組みを載せるのはちょっと面倒なので、こちらのページに掲載しました。


   フォト詩集『芙響和音』出典一覧イメージ
   この画像をクリックすると、出典一覧のページが開きます。
   写真のほうも、同じように出典一覧を作りたかったのですが、
   本文と違って一括検索ができないため断念…。ごめんなさい



この一覧を見ますと、詩の作品数40本(本数は数え方によっても変わりそう)のうちで…

   公式ブログ『芙響和音』記事より   19本
   書き下ろしらしきもの         21本


…という結果になりました。もちろん、水田さん本人に確認したわけではないですし、原作を大幅に修正している場合もあるようなので、「書き下ろし」との断定は困難ですが、参考にはなると思います。

オリジナル作品はせいぜい数本くらい?と予想していたのですが、意外や意外、オリジナルの書き下ろしが半分強を占めています。特に、50ページ以後はすべて書き下ろし作品が並んでいるようです。こんなところからも、水田さんがファースト詩集にかけた意気込みが感じられますね。

私はこれまで、3回くらい読み直してみました。かに座さんのこの記事に触発されて一部音読もしてみました。しみじみ思うのですが、水田さん、やはり詩心に十分恵まれています。苦労して書いているというより、どんどん湧いてくるイメージを記録している…という印象を受けました。

出典一覧の作成は、必然的にブログ版と書籍版とを読み比べる作業になったのですが、全体にかなり修正が入っています。出典一覧を参考に、どのように変化したか確認してみるのも一興かと。

最初に湧き出てきたものを書き留めたブログ版は、荒削りですが生のエネルギーの噴出を感じます。それを練り上げて紙の本に定着した書籍版は、当初のエネルギーこそ低減しているものの、水田さんのこだわりと粘りの推敲の形跡が十分にうかがえます。編集者の手助けはあったでしょうけど、勢いで書いて終わり…ではなく、それをうまく読者に届く形に変えていく力も備えているようです。

通販サイトの宣伝コピーそのまま、水田芙美子の現在を詩と写真でじっくり味わえる濃縮された72ページ。私のように普段、詩集になじみのない方でも楽しめる一冊として、水田さんファンの皆さまにお勧めします。

【追伸】 奥付ページがなかなか面白いです。「ファンの意表を突いて」とか「悪あがき中」とか、間違いなくご本人の赤字でしょう。Special Thanksの宛先に下北沢が入っているのも、いかにも水田さん。欲をいえば、奥付ページの前にご本人の「あとがき」がほしかったです。「第弐号」ではぜひに。
スポンサーサイト
------
◇当サイトにはBBS(掲示板)があるため、ブログのコメント欄は目立ちません。コメントは、お気軽にBBSへもどうぞ(^_^)。適当なスレがなければ、スレを作って書き込んでください(必要なら最適スレへ移動します)

2007/08/05(日) | 【水田芙美子】 | 固定リンク | TB(0) | コメント(0)
コメント
コメントの投稿














管理人にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
 http://kksmemo.blog38.fc2.com/tb.php/217-cd27e3f1
 ※URLのコピーにはこちらをお使いください
 
 ※この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログTOPページへ戻る
■当サイトは、一個人ファンであるkkの責任で運営されています。水田芙美子さん、T・M・Lab、デジタルフォトファクトリ等とは一切関係ありません。ご意見・ご感想・ご批判等は、必ずkk宛メール(アドレスは左サイドバーに記載)にてお願いいたします。
■当サイトに掲載された水田芙美子さんの写真(ボカシ画像含む)は、肖像権・著作権の管理者から正式の掲載許諾を得ています。これらの画像の転載・配布など一切の二次利用は固くお断りいたします。
■当サイトの趣旨に無関係または反する内容、無関係な勧誘・誘導、誹謗・中傷など、管理人kkが運営上支障があると判断したコメントならびにトラックバックは予告なく削除いたします。こういった書き込みに応答・言及したコメントも同様です。
■リンクを歓迎します。リンクされた場合は、事後で構いませんので、管理人までご連絡いただければ幸いです。サイトへのリンクはhttp://kksmemo.web.fc2.com/、ブログへの直リンクはhttp://kksmemo.blog38.fc2.com/までどうぞ。バナーを自由にご利用ください(直リンクはできません)。
水田芙美子は海が好き! バナー大 水田芙美子は海が好き! バナー小
[ログ開始-2005/12/24-以来のサイトアクセス総数]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。