女優・水田芙美子
(一時期の芸名・水月蓉)さんをずっとずっと応援するブログです。
このブログはファンサイト『水田芙美子は海が好き!』のコンテンツの1つです。
blog since 2005/11/24



本人の公式ブログ(ココログ)が開きます
フィラー(w3xh3)透過色
本人の写真ギャラリーが開きます
サイト総合メニュー

kk

サイトTOPへ移動します
▲サイトTOPへ
BBSへ移動します
▲BBS(掲示板)へ

どんな人?プロフィール
予定表年表仕事一覧
イラスト1イラスト2
写真酔芙蓉ヒント
SGデータリンク集
足あとご意見箱
-------------
ブログTOPへ戻る
ブログ過去記事一覧

※ブログ記事募集中!! 詳しくはブログ寄稿のお誘いをご覧ください。
※当ページの使用画像は許諾を得ています(撮影:小山淳)。ページ下端の注意書きをご覧ください。
★当サイトの広告(携帯画面の出会い系を含む)はFC2運営者が表示しています。
※ご意見・苦情等はこちらへ
 kksmemo-at-gmail.com
(「-at-」は「@」です)
管理人kkについて
ブログ管理ページ



★T・M・Lab★
水田さん所属事務所の公式サイト

デジタルフォトファクトリーのブログが開きます
フィラー(w3xh3)透過色
アマゾンの購入ページが開きます
フィラー(w3xh3)透過色
フィラー(w3xh3)透過色
フィラー(w3xh3)透過色
葦野さんのファンブログ『水魂贔屓』が開きます
フィラー(w3xh3)透過色
当サイトのTOPページへ移動します
BBS出張コーナー

このコーナーから表示されるBBSページは簡易表示版です。BBS本館はこちらです(^_^)

過去記事一覧

過去の全記事を一覧表示

ブログ内検索

最近の記事

過去記事一覧はこちら

リンク

【リンク集】のページはこちら

このブログをリンクへ追加

最近のトラックバック

最近のコメント

2006/3/11以後の記事については、掲示板の専用スレにもコメントがあります。

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

[--/--/--]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------
◇当サイトにはBBS(掲示板)があるため、ブログのコメント欄は目立ちません。コメントは、お気軽にBBSへもどうぞ(^_^)。適当なスレがなければ、スレを作って書き込んでください(必要なら最適スレへ移動します)

--/--/--(--) | スポンサー広告 | 固定リンク
[2007/07/24]
★フォト詩集『芙響和音』予約終了-通常版も特典写真1枚付き!☆【7/25写真追加/記事更新】
水田芙美子さんのファースト・フォト詩集『芙響和音』の先行予約期間が、2007年7月23日24:00で終了しました。通販ページの更新が遅れていましたが、先ほど(7/25 0:25ごろ)更新が完了しました。以下、予約者向けの発送や今後の通常販売などについて、お知らせいただいた内容をまとめます。

●予約者向けの発送について
予約分への宛名入りサインは、特典写真撮影(7月20日)の合間に、水田さんが頑張ってかなりこなしてくださったそうです。発送準備作業も順次進んでいるそうですが、専門業者ではなくインディーズ=自主制作本ですので、発売日に即発送とはいかず、少々日数がかかりそうです。しばらく気長にお待ちくださいませ。


   フォト詩集の撮影時の特典サイン中 フォト詩集の特典写真サンプル
   通販ページで公開された写真2点を転載します
   (左)特典サインは、もちろん本人が撮影の合間をぬって
   1人1人に心を込めてサインしたとのこと。これが証拠写真(^_^)
   (右)特典写真のサンプル。こういうしっとり系もあるようです
   photo by Atsushi Koyama



●通常版の販売について
7月24日(火)以後も引き続き、同じ場所で通常版が販売されます。通常版の特典は…

   撮り下ろし生写真1枚(写真の内容は本によって変ります)

とのことです。これから購入した方にも、「買ってね!」写真やアメブロに発表された浴衣姿の写メから想像できる可愛い系の撮り下ろしの生写真1枚が付いてきます。商品の在庫は、潤沢とはいえないもののまだ当分はあるそうですので、この機会にぜひご購入ください。なお、通常版も前払い制で、振込は注文後5日以内とのことです。


   フォト詩集『芙響和音』バナー(通常販売版2) フォト詩集『芙響和音』買ってねバナー4
   当サイトのバナー2種類
   (左)通常販売でも特典写真が付きます!
   (右)しっとり系もあるけど、メインはやっぱり可愛い系のようです



●通販のみなのでご注意!
この商品は通販のみで販売されます。発売日(7月23日)以後も一般書店の店頭では販売されませんので、ご注意ください。
------
◇当サイトにはBBS(掲示板)があるため、ブログのコメント欄は目立ちません。コメントは、お気軽にBBSへもどうぞ(^_^)。適当なスレがなければ、スレを作って書き込んでください(必要なら最適スレへ移動します)

スポンサーサイト
2007/07/24(火) | 【水田芙美子】 | 固定リンク | TB(0) | コメント(2)
[2007/07/21]
★18人が語る熱い思い-『ジアーズ』プレミア上映会 舞台挨拶レポ☆
水田芙美子さんの初主演映画『TheEARS(ジアーズ)』の先行プレミア上映会が、2007年6月30日(土)、東京の新宿明治安田生命ホールで開催されました(⇒当日のレポ)。この記事では、上映後の中村拓監督および水田さんほかキャスト陣による舞台挨拶の様子をお伝えします。それぞれの発言は、記者の責任で要旨をまとめました。不正確な部分・省略した内容もあることをあらかじめご了承ください。
※この記事に掲載した写真は肖像権・著作権の管理者から許諾を得ています。許可なく二次使用はできません。photo by Atsushi Koyama

司会 それでは中村監督と出演者の皆さんによる舞台挨拶に移ります。皆さん、ステージへお願いします(拍手)

--映画の主題歌『旅路』(作詞・作曲・歌:半崎美子)が流れる中、舞台挨拶登壇者が後方の客席から左側通路を経て舞台上へ。舞台左ソデに山崎プロデューサ(女性)、舞台上には左から中村監督、海宝たまきさん、水田さん、泉知束さん、宇田川新さん…の順に並ぶ。上映中の映像停止というめずらしいアクシデント(⇒中村監督日記)にも関わらず、作品の力もあって、観客からは暖かい拍手が鳴り止まない。


   ジアーズプレミア上映舞台挨拶3
   左から中村監督、海宝さん、水田さん、泉さん、宇田川さん、森重さん、
   高橋さん。舞台右側に他のキャストが並ぶ



山崎プロデューサ(女性) 本日はお忙しいなかご来場いただきありがとうございました。上映中のトラブルがありましたことを深くお詫びします。この作品はインディーズムービーフェスティバルのチャレンジムービーとして、『ガベージ・ファクトリー』(中島修一著)という原作を映画化したものです。まず中村監督から一言お願いします。

中村拓監督 今日はありがとうございました。途中、止まってしまってすみません。映画のテーマは環境破壊・自然保護の問題もありますが、「そうなのか」「そうしたいな」など、映画の中の気持ちの変化を感じてもらえるといいな…と思って作りました。

水田芙美子(主演・ソラ役) 今日はわざわざ足を運んでくださってありがとうございました。途中でフィルムが止まってしまい、皆さんが一生懸命見てくださっているのに水を差す結果になって申し訳ありません。謝ることしかできないのですが…。

今回、主演という形で役をいただき、自分なりに自分を戒めつつ、テンションを上げながら、自分もインディーズだと思って頑張りました。皆さんの心に届く表現はできなかったと思いますが、少しでも近づくことができていれば嬉しいです。

撮影中は最後までいろいろトラブルもあったのですが、今日、ご来場いただいた皆さんを見て本当に嬉しいです。初めて見ること、やることもいろいろあって、自分の中で肥やしになった面もあるし、自分はまだまだだな…と思うときもたくさんありました。でも、二度とできない経験をさせてもらったので、これをきっかけに女優として成長していきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。


   ジアーズプレミア上映舞台挨拶2 ジアーズプレミア上映舞台挨拶1
   諸般の事情により、水田さんの写真ばかりですみません


泉知束(真琴役) 一番いいところで止まってしまい、悔しい思いもあります。(真琴関連の重要シーンを)2回観れましたけど(笑)。この作品、本当に長い歳月をかけて作ってきたので、いまこうしてお披露目できて嬉しいです。これまで目を向けることもなかった環境問題について、僕らもこの作品を通して勉強できました。これからもっと多くの方に見てもらえたら嬉しいです。

海宝たまき(リョウコ役) 本日はありがとうございました。私も今日初めて出来上がった作品を見ました。撮影中も大変なことがいろいろありましたが、島のシーンを見たら楽しい思い出が蘇ってきました。出演者とスタッフ一同、頑張って作った作品です。皆さまの心に残ったとしたら嬉しいです。

宇田川新(ヒカル役) お忙しい中ありがとうございました。2時間の作品の中に、皆さまの心の琴線に触れる場面が1つでもあれば嬉しいです。

森重誘介(ツルギ役) お暑い中ありがとうございました。この作品ではエコロジーのような大きいテーマを扱っていますが、僕自身はそんなにスケールが大きくないので、人と人とのつながり、絆の大切さといったことが皆さんに伝わればいいなと思います。

高橋智己(シバ役) 今日はお忙しい中ありがとうございました。すっかり夏の暑さですが、この映画もみんなが燃えて作りました。

西村うらら(ユリ役) 上映でもトラブルがありましたけど、撮影中もたくさんのトラブルがあって大変でした。でも、すてきな仲間と出会え、たくさん勉強させていただきました。本日はありがとうございました。

竹本泰志(真琴の兄・上原茂役) 海に入るシーンは2回撮ったのですが、まさか(そのシーンの)上映も2回観られるとは(笑)。いろいろな意味で本格的な作品になっていますので、これからもよろしくお願いします。

百瀬洋一郎(ソラの同僚・松嶋健二役) 8年前に監督と2人で映画を作ったこともありました。当時は、こんなに大勢の方の前で挨拶できるとは想像できませんでした。

樋田洋平(ガベージファクトリーの漁師・ハヤト役) 漁師役なのに撮影中、船酔いでゲロった樋田です(笑)。大きなテーマで自分には消化しきれませんでしたが、すごくきれいな作品でした。

草刈貴弘(ソラの恋人・片岡佑二役) この作品の中で唯一メロドラマみたいな(笑)韓流スターばりの笑顔を振りまいた草刈です。監督と原作の中島さんには3年前に出会いましたが、このような形になって感激です。

兵頭未来洋(ガベージファクトリー店長・サトル役) 役が決まったのが遅くて、結束の固いキャストの中へ入っていくときは心配でしたが、楽しい撮影でした。

岡由希子(銀座・綾乃ママ役) 皆さんが少しでも自分の生活の中でエコロジーのことなど考えていただけたらと思います。

森本玲(海を汚すチームのサエ役) この映画を見て、海岸でゴミを捨てるのはやめよう…と思ってもらえたら嬉しいです。私もそうします。

MAYUZO(ソラの同僚・岡田陽子役) この映画にはぜひ出たいと思ってお願いして、出させていただけました。私たちの思いが少しでも伝われば嬉しいです。

玄ともみ(ガベージファクトリーの最年少・鈴木菜々役) 最年少で演技も初めてでしたが、みんなに助けてもらって、楽しみながらいい経験ができました。これから女優を目指して頑張ります。

山崎 今回の作品は環境問題など深いテーマを扱っていて、さまざまな方々にご協力いただきました。どうもありがとうございました(拍手)。これから劇場公開へ向けて頑張りますので、応援をよろしくお願いします。ありがとうございました(盛大な拍手)


   ジアーズプレミア上映舞台挨拶4
   スタッフ・キャスト一同からの花束を受け取った中村監督と、
   ファンからの花束を受け取った水田さん



--このあと、用意された花束が監督に渡される。また、客席のファンからの花束に気づいた水田さん、すぐに舞台手前まで出てきて花束を受け取り、「ありがとうございました」。盛大な拍手の中、出演者が左ソデから退場。

山崎プロデューサを入れて総勢18人が登場し、時間も押していたため、皆さん一言ずつの挨拶のみだったのはちょっぴり残念。でも、この映画に込められた監督とキャストの皆さんの熱い思いがひしひしと感じられる舞台挨拶でした。すでにプレミア上映の第2弾(2007年8月19日<日>、愛媛県松山市)も決定しており、今後の展開が楽しみです(おしまい)


【サイト内関連ページ】
   ジアーズ上映会(6/30)オフ会幹事kkのミニレポ(当日のレポ)
   『ジアーズ』-しなやかで滋味があっておススメ!(映画の感想)
   ジアーズ中村監督日記#15(上映会レポ)
   ジアーズ中村監督撮影日記【全回】(検索結果を表示します)
   ジアーズ特設ページ(随時更新しています)
   水田芙美子ことベスが好き! ジアーズ特設ページバナー
      映画スチール、中村監督mixi日記、掲載誌紹介、エキストラ参加レポ
      …といったコンテンツを用意して、お越しをお待ちしてます(^_^)
------
◇当サイトにはBBS(掲示板)があるため、ブログのコメント欄は目立ちません。コメントは、お気軽にBBSへもどうぞ(^_^)。適当なスレがなければ、スレを作って書き込んでください(必要なら最適スレへ移動します)

2007/07/21(土) | 【水田芙美子】 | 固定リンク | TB(1) | コメント(2)
[2007/07/19]
★水田さん、22歳の誕生日おめでとう(^_^)☆
2007年誕生日お祝いバナー


このところテレビの仕事もつながってきたし、

レッスンも受けて演技力アップに怠りないし、

ブログは2つかけもち状態で頑張っているし、

フォト詩集は発売目前だし……etc.



22歳は充実した1年になりそうだね!

ずっと応援しているので、どうか頑張ってください。

------
◇当サイトにはBBS(掲示板)があるため、ブログのコメント欄は目立ちません。コメントは、お気軽にBBSへもどうぞ(^_^)。適当なスレがなければ、スレを作って書き込んでください(必要なら最適スレへ移動します)

2007/07/19(木) | 【水田芙美子】 | 固定リンク | TB(0) | コメント(2)
[2007/07/15]
★長くて短い日-ジアーズ上映会(6/30)オフ会幹事kkのミニレポ☆
水田芙美子さんの初主演映画『TheEARS(ジアーズ)』の先行プレミア上映会が、2007年6月30日(土)、東京の新宿明治安田生命ホールで開催されました。上映会終了後には、水田さんファン有志によるミニオフ会もありました。残念ながら参加できなかった方に当日の様子をご報告するべく、オフ会幹事の1人である私=kkの当日の動きをレポしてみます。時刻はメモしていたわけではなく、かなりテキトー(^_^;)ですのでご容赦ください。また、諸般の事情で一部省略や多少の脚色もあることをご了承ください。
※この記事に掲載した写真は肖像権・著作権の管理者から許諾を得ています。許可なく二次使用はできません。photo by Atsushi Koyama


●始動

12:20 自宅でメール連絡などを終え、出発。今日はいろいろ無事にうまくいくだろうか? ちょっと心配しつつ…

13:25 渋谷の伊東屋にて、舞台挨拶用の花束に添えるカードなど購入し、新宿へ移動

13:45 東口のルミネ・エスト地下1階のフラワーショップで、花束を発注

14:15 西口方面へ移動し、もう1人のオフ会幹事・かに座さんと合流。喫茶店で幹事ミーティング(?)。リアルにお会いしたのは久々だったので、打合せそっちのけで四方山話に花が咲く

15:00 西口のルミネ1階のフラワーショップで、かに座さんが注文しておいたフラワーアレンジメントを受け取り。かなり豪華。2人で会場の新宿明治安田生命ホールまで運んで、ロビー内のテーブルに設置


   ジアーズ上映会レポ1-花
   ファン有志から主演女優さんへお贈りした花。イベント終了後、
   水田さんの希望で埼玉県内の実家に送付されたとのこと



劇場内では本日のイベント「インディーズムービーフェスティバル~プレサミット2007 in 新宿」の第2部が行なわれている(第3部が『ジアーズ』上映会)

水田芙美子さん本人が普通にロビーにいたので、かに座さんともどもびっくり仰天。ここで幹事2名と水田さんが久しぶりのご対面。kkが会ったのは2006年7月の写真集『H2O』イベント以来7回目、かに座さんは2006年2月の『渋谷怪談』舞台挨拶以来2回目。1年ぶりの実物の水田さん、美しすぎてタメイキ…。主演女優宛の大きな花を見て喜んでくださる。今夜のオフ会の件で「お忙しいところ恐縮です」「ちょっとしかいられないですけど、よろしくです」など

15:10 かに座さんといっしょに会場を出て、今度は新宿ルミネ・エストへ。kkが先ほど予約しておいた花束を受け取り。ひまわりとバラが主体。ちょっと小ぶりだったか…

15:40 京王モール内のカレーショップへ。カレーを食べてエネルギー充填


●上映会と舞台挨拶

16:05 会場へ戻り、入り口前に待機。携帯で連絡をとって、オフ会参加者の方と合流

16:30 ロビーへ入場。オフ会参加者の方が続々到着。花代のカンパ集め。ロビーでは水田さんが出演者仲間やお知り合いとおしゃべり中。皆さんといっしょに水田さんに改めてご挨拶。水田さんにとっても顔見知りの方やブログ上でおなじみの方が多いため、すぐに打ち解けて応対してくださる

17:20 劇場内へ入場し、座席を確保。『ジアーズ』の中村監督や水田さんなどキャスト陣は、後ろのほうの席に。kkはロビーへ戻って顔見知りの方にご挨拶など

18:00 『ジアーズ』上映スタート。開始早々から、これは上質の作品になっている!という嬉しい予感

19:30 クライマックスのいいところでスクリーン上の映像がフリーズ。観ているこちらもフリーズ。映写技師の確認不足が原因らしい(⇒詳しくは中村監督日記

19:50 スタッフの方々の奔走で、なんとか上映再開

20:20 静かな感動の中で上映終了。けっこう辛口な映画評を書くかに座さんも、この映画の評価は上々の様子。応援してきて本当によかった(⇒kkの感想はこちら

20:25 司会の山崎プロデューサー(素敵な女性です)の案内に続き、中村監督、水田さんをはじめ、舞台挨拶の出演者20人ほどが客席から舞台へ上り、舞台挨拶が始まる(⇒舞台挨拶の詳細レポはこちら


   ジアーズ上映会レポ2-舞台挨拶
   上映後の舞台挨拶の様子。左から中村拓監督、海宝たまきさん、水田さん、
   泉知束さん、宇田川新さんほか



20:35 舞台挨拶終了。監督に花束。続いて、オフ会参加者のお一人に託したファン有志からの花束が水田さんへ

20:40 かに座さんと参加者の方の多くが先にオフ会会場へ移動

20:50 kkはご挨拶まわりなどのあと、小雨の中を徒歩4分ほどのオフ会会場へ移動


●オフ会

オフ会の会場は新宿大ガード近くの和風居酒屋。縦長の堀コタツタイプの個室(定員14名)。二手に分かれて向かい合う形

21:00 参加者がほぼ揃ったところで最初の乾杯。とりあえず自己紹介を一巡

21:15 水田さんが上映会場から歩いて到着。その場が一気に華やかな雰囲気に。皆さんの拍手に迎えられて真ん中あたりの席へ。幹事が「(飲み物は)生ビールでいいですか?」とお尋ねしたら、「ええ、ルービで」(笑)。2回目の乾杯。水田さんの前で2巡目の簡単な自己紹介。水田さんも普通にビールを飲みながら楽しくおしゃべり

21:25 サプライズゲストの『ジアーズ』中村監督と原田プロデューサーが登場。中村監督は拍手の中を水田さんのお隣へ。事前の打合せではショートスピーチだけで帰られる予定だったのできちんとした席を用意しておらず、皆さんに掘りコタツの両端側まで詰めて座っていただいてお2人の席を確保


   ジアーズ上映会レポ4-オフ会(3は欠)
   オフ会で歓談する中村監督と水田さん


3回目の乾杯。オーディションでの出会いやロケ現場の話など、監督と水田さんのおしゃべりは掛け合い漫談のようで楽しい。「今日久々に会って成長したなと思った」と監督が言えば、水田さん一歩も引かず「監督も成長したと思いましたよ」(笑)

監督と皆さんで映画論など熱いトークも交わされていた模様。途中で水田さんは反対側の席へ移動し、監督と向き合う形になる。幹事から参加者のお一人のイラストレーター・かさPさんに小型色紙を渡し、何か描いていただくよう依頼。かさPさんは水田さんの隣りで緊張しつつも、その場の水田さんの様子を写した素敵なイラストを描いてくださる


   ジアーズ上映会レポ5-かさP氏色紙
   イラストレーター・かさPさんがその場で描いてくださった色紙。後日、
   水田さんに寄贈しました。画像をクリックすると拡大ページが表示されます
   Copyright (C) 2007 by Toshihiko Kasagi
   ※当サイトのかさP氏イラスト・ギャラリーはこちら



22:30 『ジアーズ』のお2人が帰られる。お忙しいところ予定を大幅にオーバーし、結局1時間以上も滞在してくださったお2人に深謝しつつ、お見送り

水田さんは引き続き参加者の皆さんと交流。張りと抑揚のある例の特徴的な声で、滑らかにコロコロとおしゃべり。機転のきいた受け答えから頭の回転の速さもうかがえる。参加者の皆さんの飲み物に気を遣ってくださったり、空いたジョッキやお皿を自ら片付けたり…。リアルな水田さんは美しいだけでなく、会話も楽しくて気配りも上手い魅力的な女性でした

幹事2名は水田さんとのおしゃべりにはあまり参加していなかったため、話の中身をレポできなくてすみません。映画『スウィングガールズ』仲間・中村知世(ちせ)さんの物マネが大ウケだったそうで、聴き逃したのは残念。ご本人から「これから役者として頑張っていく」との表明もあり。皆さんの暖かいご配慮により、水田さんもこの場を心から楽しんでくださった様子でホッ

空いたお皿を下げに来たお姐さんが、個室の外でkkに「あの方、女優さんなの? ホントにきれいな人ねぇ~!!!」と感嘆のささやき。ファンとして泣きたいほど嬉しい

23:20 オフ会がお開き。水田さんも「ほんの少しだけ」の予定が結局、最後まで2時間以上も付き合ってくださって一同大感激

23:25 エレベーター前でまず水田さんを見送ったあと、解散


●二次会~その後

23:35 有志4名で二次会。先ほどの余韻を共有

24:40 二次会終了後、kkはすでに終電を逃しているので電車で会社へ向かう。車中でお誘い電話をいただき、タクシーで渋谷へ

25:30 渋谷BUNKAMURA近くのパーティ会場へ到着し、インディーズムービーフェスティバル関係者によるオールナイトの飲み会に参加。水田さんは参加していない

『ジアーズ』のヒカル役・宇田川新さんなど関係者の方とおしゃべり。会場では『ジアーズ』が上映されていたので、水田さんの瑞々しい演技を見ることができたはずだが、もはやかなり酔っ払っていてあまり記憶に残っていない

29:30 終夜パーティがお開きとなり、帰途へ。長いけれどもあっという間の一日だった

水田さん、中村監督、原田プロデューサー、ご尽力いただいた『ジアーズ』と水田さんの関係各方面の皆さん、かさPさん、オフ会へご参加いただいた皆さん、そして体調不良をおして会計など面倒な係を担当してくださったかに座さん、素敵な1日を本当にありがとうございました。そして、お疲れさまでした(おしまい)


【サイト内関連ページ】
   ジアーズ特設ページ(随時更新しています)
   水田芙美子ことベスが好き! ジアーズ特設ページバナー
      映画スチール、中村監督mixi日記、掲載誌紹介、エキストラ参加レポ
      …といったコンテンツを用意して、お越しをお待ちしてます(^_^)
   18人が語る熱い思い-『ジアーズ』プレミア上映会 舞台挨拶レポ
   『ジアーズ』-しなやかで滋味があっておススメ!(映画の感想)
   ジアーズ中村監督日記#15(上映会レポ)
   ジアーズ中村監督撮影日記【全回】(検索結果を表示します)
   かさP氏イラスト・ギャラリー
------
◇当サイトにはBBS(掲示板)があるため、ブログのコメント欄は目立ちません。コメントは、お気軽にBBSへもどうぞ(^_^)。適当なスレがなければ、スレを作って書き込んでください(必要なら最適スレへ移動します)

2007/07/15(日) | 【水田芙美子】 | 固定リンク | TB(0) | コメント(2)
[2007/07/13]
★何冊買おうか思案橋(^_^;)-水田さん初のフォト詩集『芙響和音』予約開始!☆【予約終了:通常販売継続中】
かねてから水田芙美子さんの公式ブログ『芙響和音』や公式サイト『水田芙美子.COM』トップページで告知されていた水田さんのファースト・フォト詩集『芙響和音』が、いよいよ2007年7月12日(木)深夜から予約受付開始となりました。
【追記】予約受付は終了しましたが、同じ通販ページで通常販売継続中です。詳しくはこちら(2007-07-24)


   フォト詩集『芙響和音』予約ページイメージ
   予約はこのページから。指示に従って操作すれば
   難しいところはないはず。支払方法は銀行振込のみ対応



予約申込ページやら、Digital Photo FactoryのTOPメニューで「芙響和音 先行予約」を選ぶと表示される案内ページやらの情報をまとめますと、本の概要は次のとおり:

   タイトル: フォト詩集『芙響和音』(芙響和音BOOK VERSION)
   著・写真: 水田芙美子(補助写真:小山 淳)
   発売: 2007年7月23日(月)
    ※特典付き予約期間は現在のところ明記されていないので、
     お早めの予約が安全かと
   発行元: Digital Photo Factory
    ※デジタル写真集と同じ発売元ですね
   価格: 税込1235円(送料別)
   体裁: 特殊サイズ(194×194mm)、本文横組72ページ、カバー付き
   内容: 写真入り詩集
    ※芙響和音や公式ギャラリーに発表した詩・写真作品を中心に、
     オリジナルの作品も追加
    ※写真は、水田さん撮影写真+水田さん登場写真(小山淳氏撮影)
   予約特典:
    ※名前入りサイン(本の内部にサイン)
    ※非売品限定生写真3枚
    ※予約者5名に水田芙美子主演日産モータースポーツDVDを
     サイン入りでプレゼント
   備考:
    ※特典付きの先行予約版は前払い(通常版は着後払いも可?)
    ※発行部数に限りがあるそうなのでお早めに


本の中身は『芙響和音』に発表された詩がメインと思われますが、新作がどのくらいあるのか気になります。また、単行本の形にまとめるにあたり、写真と組み合わせてどのように料理されているかも要チェックかと。本が届くのを楽しみに待ちたいと思います。


   フォト詩集『芙響和音』ガイドページイメージ
   リンク先メニューで「芙響和音 先行予約」を選ぶと
   表示される画面。カバーのイメージと思われる。
   詩集ということで、写真集とは一味違う渋めの造り?



気になる予約特典ですが、各種情報を総合すると、生写真は撮り下ろしの新作になる模様。各冊には合計30点ほどの作品の中からランダムに3点を添付。“大人買い”で10冊ほどゲットすれば、かなりの写真が集まるはず!…ということで、マニアの間では10冊買いが推奨されていますが(爆)、まあお財布と相談ですね。
------
◇当サイトにはBBS(掲示板)があるため、ブログのコメント欄は目立ちません。コメントは、お気軽にBBSへもどうぞ(^_^)。適当なスレがなければ、スレを作って書き込んでください(必要なら最適スレへ移動します)

2007/07/13(金) | 【水田芙美子】 | 固定リンク | TB(0) | コメント(0)
[2007/07/07]
★七夕の日、水田さんがアメーバに第2公式ブログを開設!☆
水田芙美子さんの公式ブログといえば『芙響和音』(ココログ/ココセレブ)ですが、七夕の今日(2007年7月7日)、2番目の公式ブログ『water~くだらなくてすてきな日々~水田芙美子オフィシャルブログ』がアメーバブログで公開されました。水田さん、おめでとう!


   Amebaの2号店イメージ
   芙響和音とは一味違った軽快なイメージ。写真はプラチナムの
   公式サイトと同系列ですが、うーむ(苦笑)



芙響和音も継続されるようなので、2つの公式ブログの使い分けが注目されます。ライトな雰囲気のアメーバブログを見つつ予想してみると…

●water(アメーバ)
女優活動を進めていくにあたり、男女問わず幅広い年齢層の読者に向けて、衣・食など身のまわりの気軽な話題、撮影現場やレッスンでのエピソード、ふと思ったことを短めの記事で綴っていく。

●芙響和音(ココログ)
詩・歌詞・ショートストーリー・エッセイといった創作、音楽・映画・文学・バイクなどマニアックなおしゃべり…。水田さんが本当に書きたいことを思いどおりに表現する場として、引き続き活用していく。

…といったところで、当たらずといえども遠からずでは、と思います。水田さんのより広い面を見ることができそうで嬉しい限りですが、2つのブログを頑張って更新しようとして水田さんがくたびれてしまうのが心配。でも、彼女のことですから、時期によって重点の置き方を変えつつ、ときにはどちらかお休みしつつ、柔軟に運用してくれそうな気もします。

両方のブログがどうなっていくか、見守っていきたいと思います。水田さん、頑張りすぎないように頑張ってね(^_^)
------
◇当サイトにはBBS(掲示板)があるため、ブログのコメント欄は目立ちません。コメントは、お気軽にBBSへもどうぞ(^_^)。適当なスレがなければ、スレを作って書き込んでください(必要なら最適スレへ移動します)

2007/07/07(土) | 【水田芙美子】 | 固定リンク | TB(1) | コメント(0)
[2007/07/03]
★水田さん主演映画『ジアーズ』-しなやかで滋味があっておススメ!☆
水田芙美子さんの初主演映画『TheEARS(ジアーズ)』(中村拓監督作品)の初上映会が、2007年6月30日(土)、東京・新宿明治安田生命ホールで開催されました。立ち見も出る盛況のなか、途中で映像が止まるという珍しいハプニングもありましたが、観客の反応は好意的だったようです(監督の撮影日記を参照)。この映画の評価については、かに座さんの鋭すぎる分析がすでに発表されていて、私が付け加えることはあまりありません。それでも強いて感想のようなものを書いてみますと…。

原作の『ガベージ・ファクトリー』(中島修一著、発行:プラネットジアース、発売:プラネットバルン)は、小説というより自然派サーファー仲間のエコロジーっぽい思想の啓蒙書というおもむきでした。主人公と思われるソラがラスト付近では登場しなかったり、ストーリーが発散したまま終わったり…。小説としての完成度はやや難ありというか、むしろ小説的要素は重視されていないと感じました。

この難しい題材を映画化するにあたり、中村監督は原作にない象徴的な1つのエピソードをメインに据えて、ストーリーを手堅くまとめてきました。このエピソードのシーンの撮影には監督も特に力が入ったようで、無事に狙いどおりの効果を発揮し、映画全体を引き締めています。

   ジアーズ中村日記写真060923-1
   夜のガベージファクトリー全景(クリックで大画像が表示されます)

監督がこの映画に込めたメッセージも、原作からは明確にシフトしているようです。原作では、「美しい自然と共存せよ」「アイディアを出し合い、一致団結して立ち向かえば環境破壊は阻止できる」…といった、けっこうベタな主張が前面に出ていました。映画でも、環境保護や団結の力といったテーマは語られていますが、むしろ「個々の人間が他者との交感によって変われるかもしれない」というナイーブな個人的メッセージに力点が置かれていると感じます。

大きなエピソードといえるのは上述の1つだけで、あとは宝海島(たまらみじま)の若者たちの拠点「ガベージファクトリー」で、仕事と生活の淡々としたシーンが中心。派手な活劇や仕掛けなどはありません。しかし、仲間たちの生き方が実に魅力的に描かれていて、この映画の味わいどころの1つになっています。

水田さん演じる主人公ソラは、原作でも存在感がやや薄く、ストーリーへの絡みも少なめでした。映画でも原作以上の活躍が見られなかったのは、ファンとしてちょっぴり残念。でも水田さんは演技に頑張っていたと思います。都会に暮らしながらも自然を愛する純粋さを失わず、素直な性格と繊細さ、勇気を兼ね備え、まさに成長真っ最中の行動派女性…というソラの役柄を、初々しく、はつらつと演じていました。

   ジアーズ中村日記写真060923-3
   ヒカルがソラをツルギたちに紹介(クリックで大画像が表示されます)

そのほかの出演者では、なんといっても映画版の重要キャラ・真琴を演じた泉知束さんの熱演が忘れられません。ブログ上のお知り合い(?)として当日ご挨拶させていただきましたが、ご本人は真面目で律儀そうな好青年。今後、活躍されることは間違いないでしょう。また、ソラの「恋敵」ユリ役の西村うららさんも、感情の変化を見事に演じ尽くしてお見事でした。

正直にいえば、リゾート開発業者幹部のやや唐突な心境変化とか、音楽の力が急にクローズアップされるラスト付近(原作に近かった初期シナリオの痕跡?)とか、腑に落ちない点も若干ありました。でも、スタッフとキャストの熱い思いが全編に溢れているせいか、細部の瑕疵はほとんど気になりません。山口県角島や九十九里浜などでロケした美しいシーンの数々も、この映画の魅力をいっそう高めています。見終わってさわやかな印象が残り、気持ちよく劇場をあとにすることができました。

派手さはなくても、しなやかで滋味のある素敵な映画であり、もっともっと多くの人に見てもらう価値のある作品だと信じます。幸い上映会は好評でしたから、今後の上映へ向けての動きも加速しているはず。近々、嬉しいアナウンスが聞けるのではないでしょうか。

※当サイトの応援ページには、映画スチール27点が登録してあります。映画の余韻を味わいたい方は、よろしければ覗いてみてください。


ジアーズバナー大
※この記事の掲載画像は、関係者の正式な掲載許諾を得ています。
※転載・配布等の二次使用はお断りいたします。



【サイト内関連ページ】
   ジアーズ特設ページ(随時更新しています)
   水田芙美子ことベスが好き! ジアーズ特設ページバナー
      映画スチール、中村監督mixi日記、掲載誌紹介、エキストラ参加レポ
      …といったコンテンツを用意して、お越しをお待ちしてます(^_^)
   18人が語る熱い思い-『ジアーズ』プレミア上映会 舞台挨拶レポ
   ジアーズ上映会(6/30)オフ会幹事kkのミニレポ(当日のレポ)
   ★ジアーズ中村監督日記#15◆(前回の日記)
   ジアーズ中村監督撮影日記【全回】(検索結果を表示します)
------
◇当サイトにはBBS(掲示板)があるため、ブログのコメント欄は目立ちません。コメントは、お気軽にBBSへもどうぞ(^_^)。適当なスレがなければ、スレを作って書き込んでください(必要なら最適スレへ移動します)

2007/07/03(火) | 【水田芙美子】 | 固定リンク | TB(0) | コメント(3)
[2007/07/03]
★ジアーズ中村監督日記#15◆運命のプレミア上映会!!(2007/6/30 新宿)☆
ジアーズバナー大

水田芙美子さんの初主演映画『TheEARS(ジアーズ)』について、中村拓監督がmixiに連載中の日記(7月1日付記事)を、監督および関係者の正式許諾を得て転載します。プレミア上映会(2007年6月30日、新宿明治安田生命ホール)当日の、あのハプニングの様子などが書かれています。(管理人)
--------------------------------------------------------


中村監督のポートレート小
中村拓監督の日記
2007年7月1日 19:02
運命の6.30プレ上映を迎え



昨日3年越しで企画から完成に至った「The EARS」の
プレ上映がようやく終った。。

お客様は意外にも老若男女の方がいらしてくれました。
客席は満員、立ち見も出て最高の上映状況になり、
上映はす~っと始まり中盤を迎えても、あくびをするお客さんもいなく、
順調に作品は進んでいった。。

そして、一番力を入れたクライマックスシーンを
迎えお客さんの反応の見所だと
中腰になって後ろから確認しようと思った瞬間、、

映像はフリーズ…

えっ?????????????????????????????????????????????????
?????????????????????????????????????????????????????。。。

なんで?????????

なんと、映写技師の確認不足のため
トラブル発生。。。

もちろん、会場中もフリーズ。。。
何分経っただろうか??
会場も静寂を破り、くすくすと笑い声や
話し声が出てきました。。。。
と、思ったら…

映像はラストシーンに飛んだり、
フリーズした場所に戻ったり、、

もう完璧にギャグの域です わら

僕自身もうどうにでもなれという思いになったのですが
やはり見に来ていただいたぉ客さんに失礼なので
すぐさま、対策をコウジ、、。。

上映は再会へと…(はや7分は経ったであろう)

確実にお客さんのテンションは切れたものと思っていたのですが、、
再開30秒後には元の会場の雰囲気に戻り、、、

何とか最後まで見ていただくことが出来ました。。。


そして舞台挨拶、。。
舞台に上ってぉ客さんのお顔を見ると、
意外にも皆さん笑顔で私達を迎えてくれました

ほっとしましたが、やはりトラブルの件が頭からはなれず
不安の嵐でした。。。


すべてのイベントが終了し、会場からの退場の時
お客様がみな僕のところへ足を運んでくれて

「すごくよかったよ」
「いい作品見せてもらったよ!」
「素晴らしい!」
「心に残る作品でした」

など、、など、、

素敵なお言葉をたくさんいただきました!!
ついで、私と一緒に写真をと何人もの人が
お声をかけていただき、、記念写真

言葉は出ませんでした、感無量です。。。


この3年間いろんな事がありました、いろんな事が…
でも、はじめてこの作品に出会えてよかった、
この作品を造ることが出来てよかった、、そう思えました。

いまはこの作品を見てくれたお客様、、、
この作品を外部より応援してくださった皆さん、、、
一緒に苦悩を乗り越えたオールスタッフ、、、
そして、僕の心を表現しきってくれた役者さん達に

感謝の気持ちでいっぱいです。。

本当にありがとう、、、ありがとう。。。


これからもっともっとこの作品が世の中に出て行き
皆さんの心に1つでもこの作品で描かれている想いが、、
心に響き、残ってくれる事を祈ろう。。。



作品の出来に、、悔いもなくと言えば嘘になるが、
これが今の精一杯の僕の手腕であると言う事を
自分で認め、

これで悔いなく暫くの休憩に入ろうと思っている。。

次に素敵な作品に出会うまで……。



本当にありがとうございました。


--------------------------------------------------------
【転載メモ】 作品は好評で、今後の展開が期待できそう。とりあえず次の上映が気になります。当サイトでは、今後も引き続きジアーズ特設ページにて、上映情報の提供をはじめとして、微力ながらこの映画を応援していきます。


【サイト内関連ページ】
   ジアーズ特設ページ(随時更新しています)
   水田芙美子ことベスが好き! ジアーズ特設ページバナー
      映画スチール、中村監督mixi日記、掲載誌紹介、エキストラ参加レポ
      …といったコンテンツを用意して、お越しをお待ちしてます(^_^)
   ★ジアーズ中村監督日記#14◆(前回の日記)
   ジアーズ中村監督撮影日記【全回】(検索結果を表示します)
------
◇当サイトにはBBS(掲示板)があるため、ブログのコメント欄は目立ちません。コメントは、お気軽にBBSへもどうぞ(^_^)。適当なスレがなければ、スレを作って書き込んでください(必要なら最適スレへ移動します)

2007/07/03(火) | 【ジアーズmixi日記転載】 | 固定リンク | TB(1) | コメント(3)
ブログTOPページへ戻る
■当サイトは、一個人ファンであるkkの責任で運営されています。水田芙美子さん、T・M・Lab、デジタルフォトファクトリ等とは一切関係ありません。ご意見・ご感想・ご批判等は、必ずkk宛メール(アドレスは左サイドバーに記載)にてお願いいたします。
■当サイトに掲載された水田芙美子さんの写真(ボカシ画像含む)は、肖像権・著作権の管理者から正式の掲載許諾を得ています。これらの画像の転載・配布など一切の二次利用は固くお断りいたします。
■当サイトの趣旨に無関係または反する内容、無関係な勧誘・誘導、誹謗・中傷など、管理人kkが運営上支障があると判断したコメントならびにトラックバックは予告なく削除いたします。こういった書き込みに応答・言及したコメントも同様です。
■リンクを歓迎します。リンクされた場合は、事後で構いませんので、管理人までご連絡いただければ幸いです。サイトへのリンクはhttp://kksmemo.web.fc2.com/、ブログへの直リンクはhttp://kksmemo.blog38.fc2.com/までどうぞ。バナーを自由にご利用ください(直リンクはできません)。
水田芙美子は海が好き! バナー大 水田芙美子は海が好き! バナー小
[ログ開始-2005/12/24-以来のサイトアクセス総数]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。